Interdisciplinary Art Project Kobe 2022 in Okayama


IAPK 2022 in Okayama
Interdisciplinary Art Project Kobe 2022 in Okayama
インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ2022 in 岡山
拡張現実(AR)で見るショートムービー制作ワークショップ

 

 

 

※FOR ENGLISH: PLEASE SCROLL DOWN

 

岡山芸術交流2022の展示作品をリサーチし、そこからインスピレーションを得てショートムービーを制作する3日間の映像ワークショップです。
ワークショップで制作した写真や映像作品は、岡山芸術交流2022の各会場の間にある商店街の店舗や展示会場に、拡張現実(AR)写真ポスターとして掲示します。
ポスターの写真を専用アプリで読み取ると、まるで写真が動き出すかのようなARの1分ほどの映像をワークショップ参加者がディスカッションしながら、ひとつにつながる映像作品として作ります。
岡山芸術交流2022にお越しの方も、各会場を移動中に、楽しんでもらえるAR作品です。

 

http://i-a-f-t.net/iapk2022_in_okayama

 

岡山芸術交流2022パブリックプログラム公募事業
IAPK 2022 in Okayama
拡張現実(AR)で見るショートムービー制作ワークショップ

日時: 2022年10月8日(土)~10月10日(月祝)各日10:00集合|19:00終了予定
ワークショップ終了後、約1ヶ月間、岡山市内でAR写真&映像を展示します。
(展示期間は、10月26日~11月27日を予定、観覧無料)

会場: 岡山市民会館 103会議室
岡山県岡山市北区丸の内2丁目1番1号
[路面電車「城下」駅(岡山駅前より乗車時間約5分)下車後徒歩3分]

参加費: 6,000円 (3日間、初日集合時にお支払いください。)
※定員20名 (予約受付先着順)
※1日のみの参加でも可能ですが、参加費は同額です。
※初日は岡山芸術交流2022の会場を巡ります。お得な前売り券販売が、9月29日までとなっておりますのでぜひご利用ください。
※定員に限りがあるため、お早めにお申込みください。

対象: 映像制作が初めての方~上級者

ご予約、お問い合わせ: info@i-a-f-t.net

主催: Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) 実行委員会

岡山芸術交流2022パブリックプログラム公募事業

本展Webサイト: http://i-a-f-t.net/iapk2022_in_okayama
Facebookページ: https://www.facebook.com/IAPKiapk
twitter: @i_a_f_t

 

参加俳優
樋口綾香 Ayaka HIGUCHI
ヨガを教えながら、ダンス・写真・絵画・詩etc…様々なエッセンスで”今”を紡ぐ。個展『さらば、聖地』開催in長野、大駱駝館ダンス公演『時の光』出演in長野(2017年)、田畑真希ダンス公演『つづく』出演in富山、BATIKレパートリーズ『ラストパイ』出演in東京(2018年)等。2020年より、コンテンポラリーダンスの指導を開始する。

 

講師
韓成南 Sung Nam HAN
神戸市生まれ。シングル・チャンネル、ブルーバックによるキーイングを使った映像インスタレーション、AR写真/映像作品、アートパフォーマンスや青をテーマにしたインスタレーションを制作。
Interdisciplinary Art Festival Tokyo(2014~)、Art in Country of Tokyo (2019~)、Interdisciplinary Art Project Kobe (2019~)の代表を務める。2022年9月より世界初、現代アートを展示する「海の中の美術館」を三陸の海の中にオープンし、初代館長となる。

 

Interdisciplinary Art Project Kobe(インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ)について
神戸で定期的にワークショップや映像上映会、パフォーマンス、レクチャーなどのイベントを開催し、Interdisciplinary Artという観点で、枠組みを超えたからこそ属しきれない、実験的で先鋭的なアートを紹介します。歴史を再考しながら、現代アートによる国際文化交流を行い、神戸らしさとは何かを探求します。
IAPK代表 韓成南

 

▶ご来場のお客様へお願いとご注意

マスクのご着用をお願いいたします。マスクの着用がない場合、入場をお断りする場合がございます。

発熱や風邪、味覚障害の症状がある方や、体調のすぐれない方、ご家庭や職場、学校など身近に新型コロナウイルス感染症の方もしくは可能性のある方がいらっしゃる場合は、ご来場をお控えいただきますようお願い申し上げます。

 

 

ーーー

 

English ver.

 

IAPK 2022 in Okayama
Interdisciplinary Art Project Kobe 2022 in Okayama

 

Will make an augmented reality (AR) short movie together with an actor, set up and exhibit photos around Okayama Art Summit 2022.

 

Okayama Art Summit 2022 PUBLIC PROGRAM Open Call
IAPK 2022 in Okayama
Augmented Reality (AR) Workshop: Short Film
October 8 – 10, 2022
Venue: Okayama Civic Hall
Workshop Participation Fee: ¥6,000(3 days)
Booking and Inquiry: info@i-a-f-t.net
Presented by Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) executive committee

Okayama Art Summit 2022 PUBLIC PROGRAM Open Call

 

Actor:
Ayaka HIGUCHI
I spin “now” through “dance, photography, painting, and poetry.”
Works: Solo exhibition “Farewell, Sanctuary”, and Dairakudakan dance performance “Light of time” in Nagano in 2017. Maki Tabata dance performance “To be continued” in Toyama, and BATIK dance performance “Lastpai” in Tokyo in 2018, and more. I started teaching contemporary dance in 2020.

 

Lecturer:
Sung Nam HAN
Director of Interdisciplinary Art Festival Tokyo (IAFT), Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK), and Art in Country of Tokyo (AICOT), Sung Nam HAN makes her artworks based on the theme of “What watching a video is,” such as interactive art installations made through a blue background editing method known as keying, wearable / pocketable video works that utilizes smartphones, small cameras or monitors. Also she exhibited AR works and doing art performances focused on the concept of “super linear” that combine video, play and dance. Her activities cover a wide range of areas.

 

Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) executive committee
more info: http://i-a-f-t.net
inquiry: info@i-a-f-t.net
Facebook Event Page: https://www.facebook.com/IAPKiapk
Representative/General Director: Sung Nam HAN