Interdisciplinary Art Project Kobe 2020 vol.5


IAPK 2020 vol.5
Interdisciplinary Art Project Kobe 2020 vol.5
インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ 2020 vol.5

※FOR ENGLISH: PLEASE SCROLL DOWN

Interdisciplinary Art Project Kobe(インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ)5回目となる今回は、2日間の拡張現実(AR)で見るショートムービー制作ワークショップと1日映像上映プログラムを開催します。写真を専用アプリで読み取ると、まるで写真が動き出すかのようなARの映像を、俳優2名とともにディスカッションしながら1つの作品をつくります。制作した作品は、10/25(日)のワークショップ終了後から11/3(火祝)まで元町商店街4丁目の協力店舗で展示します。
次週は、中短編映像作品が、9時間半ほぼぶっ通しで洪水のように上映される映像、秋の祭典!IAPK 2020 vol.5 映像上映プログラム「反映画、映画する」を開催します。

2020年10月24日(土)・25日(日)・31日(土)

http://i-a-f-t.net/iapk2020_vol5

 

2020年10月24日(土)・25日(日) 13:00集合|19:00終了予定

拡張現実(AR)で見るショートムービー制作ワークショップ
俳優2名と共に拡張現実(AR)で見るショートムービーを2日間で制作し、設営、展示まで行います。

参加費
2,000円 (2日間、初日集合時にお支払いください。)
※定員10名 (予約受付先着順)
※1日のみの参加でも可ですが、参加費は同額です。

【参加俳優】
出村弘美 Hiromi DEMURA
俳優、他。 かつての京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒。関西を中心に活動。神戸でのWSを経て作られた濱口竜介監督 映画「ハッピーアワー」に出演。
近年の出演作は演劇作品BRDG(京都)×PETA(マニラ)「ふれる〜ハプロス」、中川裕貴コンサート「アウト、セーフ、フレーム」等。中川裕貴、バンドの楽器を持たない人。

 

樋口綾香 Ayaka HIGUCHI
ヨガを教えながら、ダンス・写真・絵画・詩etc…様々なエッセンスで”今”を紡ぐ。
2017.7 個展『さらば、聖地』開催in長野
2017.8 大駱駝館 『時の光』出演in長野
2018.2 田畑真希ダンス公演『つづく』出演in富山
2018.4 BATIKレパートリーズ『ラストパイ』出演in東京
2020.3〜 コンテンポラリーダンス指導開始

 

【講師】
韓成南 Sung Nam HAN
在日コリアン3世。神戸市生まれ。シングル・チャンネル、映像インスタレーション、AR作品の展示や“スーパーリニア”という概念をもとに制作した映像×演劇×ダンスのアートパフォーマンス上演等、活動は多岐に渡る。近年は、ブルーバックによるキーイングという映像合成技術を用いた鑑賞者参加型のインスタレーションや映像パフォーマンス作品、携帯電話、小型カメラやモニターを用いたウェアラブルな映像作品やポケッタブルな映像を見ることについて考察した作品を制作する。2014年よりInterdisciplinary Art Festival Tokyo、2019年よりArt in Country of TokyoとInterdisciplinary Art Project Kobeのディレクターを務める。国内外のアートフェスティバルで展示・発表を行っている。

 

2020年10月25日(日)~11/3(火祝)
拡張現実(AR)で見るショートムービー
神戸・元町商店街4丁目の協力店舗前で展示

 

2020年10月31日(土)
IAPK 2020 vol.5 映像上映プログラム「反映画、映画する」
アラン・バディウの反哲学は、従来の哲学の伝統や流れあるいは文脈といったものを断ち切りつつも、引用を超引用することで自身の思想活動をオリジナルなものとする。このような「反」という精神やモチベーションが、今回参加するいずれの作家にも通底すると考え、便宜上、3つのプログラムで構成する。

 

飯村隆彦
Yellow Yellow
池添俊
UMMMI.
大木裕之
岡田裕子
神村恵
河合政之
キヨスヨネスク
窪田美樹
栗原みえ
櫻井篤史
朱雅珍
髙木駿一
高橋良太
竹内公太
ちびがっつ!
手塚夏子
中山晃子
ノックス・エレナ
韓成南
ヒグマ春夫
武藤勇
ヤスキチ
山田沙奈恵
山本篤
横山大介
和田昌弘

 

Aプログラム「反物語、物語する」 11:30開場/11:40開演 (14:50終了予定)
Bプログラム「反日常、日常する」 14:55開場/15:00開演 (18:10終了予定)
Cプログラム「反行為、行為する」+作家トーク 18:15開場/18:20開演 (21:45終了予定)

 

 

Aプログラム「反物語、物語する」 11:30開場/11:40開演 (14:50終了予定)

『The Rose City』
UMMMI./デジタル/13分/2018

『何処かへ。』
高橋良太/デジタル/7分/2018

『Yamato-takeru』
河合政之/デジタル/60分/2005

『黒い廊下、あるいは2人の男と21人のネルシャツ』
和田昌宏/デジタル/18分/2018

『椿、母に会いに』
髙木駿一/デジタル/73分/2016

『俺の産んだ子』
岡田裕子/デジタル/17分/2002

 

 

Bプログラム「反日常、日常する」 14:55開場/15:00開演 (18:10終了予定)

『ウクライナのイエロー・ウォーター駅』
YellowYellow/デジタル/3分/2020

『M ・ I →2020』
大木裕之/デジタル/20分/2020

『a game』
韓成南/デジタル/14分/2005

『THE PAST AND THE FUTURE IN THE PRESENT』
山本篤/デジタル/43分/2016

『浜通りマテリアル vol.1 』
キヨスヨネスク/デジタル/13分/2020

『ギこ-2』
窪田美樹/super 8mm/20分/2020

『小曲』
栗原みえ/super 8mm/5分/2011

『アイデンティティを求めて』
朱雅珍/デジタル/13分/2020

『The Lingering and the Stain 』
ノックス・エレナ/デジタル/12分/2008

『地球とセルフポートレート』
武藤勇/デジタル/10分/1997

『Green』
山田沙奈恵/デジタル/12分/2020

『after stories』
横山大介/デジタル/11分/2020

『非同一性不可逆的反復再生』
櫻井篤史/デジタル/16分/2000

 

 

Cプログラム「反行為、行為する」+作家トーク 18:15開場/18:20開演 (21:45終了予定)

『12 eye differences』
ヒグマ春夫 /デジタル/11分/2020

『Strange Green Powder』
神村恵/デジタル/8分/2019

『盲目の爆弾、コウモリの方法』
竹内公太/デジタル/32分/2019-2020

『愛讃讃』
池添俊/Single 8mm/8分/2018

『くらくらゲ』
ヤスキチ/デジタル/4分/2020

『Dancing Guts』
ちびがっつ!/デジタル/42分/2019

『Akiko Nakayama Alive Painting at MUTEK JP』
中山晃子/デジタル/14分/2019

『ベルリンうろうろ』
手塚夏子/デジタル/40分/ 2019

『私があなたを見るようにあなたは私を見る』
飯村隆彦/デジタル/7分/1990 (1997)

 

 

料金:
予約1プロ1,200円/予約3プロ通し券2,800円/当日1プロ1,500円
※各回定員20名 (予約受付先着順)
※前売予約は、前日営業日まで
※開催当日のメールによるお問合せにはご対応いたしかねることがございます。予めご了承くださいませ。当日はお電話にてお問い合わせください。

 

ご予約:
[メール] info@i-a-f-t.net or http://i-a-f-t.net/contact/
[お電話] 078-366-2636

 

会場:
元町映画館 Motomachi Eigakan
神戸市中央区元町通4丁目1-12
[JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分]
[神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分]
tel: 078-366-2636

 

主催:
Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) 実行委員会

元町映画館

 

助成:
公益財団法人 神戸文化支援基金

しみん基金・こうべ

令和2年度 神戸市 まちの再生・活性化に寄与する文化芸術創造支援助成対象事業

 

問い合わせ:
元町映画館
tel: 078-366-2636

Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) 実行委員会
more info: http://i-a-f-t.net
inquiry: http://i-a-f-t.net/contact/
Facebook Event Page:https://www.facebook.com/IAPKiapk/

 

Interdisciplinary Art Project Kobe(インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ)について
神戸で定期的にワークショップや映像上映会、パフォーマンス、レクチャーなどのイベントを開催し、Interdisciplinary Artという観点で、枠組みを超えたからこそ属しきれない、実験的で先鋭的なアートを紹介します。歴史を再考しながら、現代アートによる国際文化交流を行い、神戸らしさとは何かを探求します。

 

▶ご来場のお客様へお願いとご注意
マスクのご着用をお願いいたします。マスクの着用がない場合、入場をお断りする場合がございます。
発熱や風邪、味覚障害の症状がある方や、体調のすぐれない方、ご家庭や職場、学校など身近に新型コロナウイルス感染症の方もしくは可能性のある方がいらっしゃる場合は、ご来場をお控えいただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

English ver.

IAPK 2020 vol.5
Interdisciplinary Art Project Kobe 2020 vol.5

October 24th (Sat) / 25th (Sun) & 31st (Sat) 2020

http://i-a-f-t.net/iapk2020_vol5

 

October 24th (Sat) / 25th (Sun) 13:00 – 19:00
Augmented Reality (AR) Workshop: Short Film
Will make an augmented reality (AR) short movie together with two actors, set up and exhibit photos at Kobe Motomachi Shopping Street in two days.

【Workshop Participation Fee】
¥2,000 (2 days)

【Actors】
Hiromi DEMURA

Ayaka HIGUCHI

 

【Lecturer】
Sung Nam HAN
Director of Interdisciplinary Art Festival Tokyo (IAFT), Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK), and Art in Country of Tokyo (AICOT), Sung Nam HAN makes her artworks based on the theme of “What watching a video is,” such as interactive art installations made through a blue background editing method known as keying, wearable / pocketable video works that utilizes smartphones, small cameras or monitors. Also she exhibited AR works and doing art performances focused on the concept of “super linear” that combine video, play and dance. Her activities cover a wide range of areas.

 

October 25th (Sun) – November 3rd 2020
Short movie watching in Augmented Reality (AR)
Venue:Kobe Motomachi Shopping Street 4chome
Free

October 31st (Sat) 2020

IAPK 2020 vol.5 Screening Program
“Anticinema, Do Movie”
Alain Badiou’s Anti-philosophy cuts off usual philosophical traditions, flows or contexts, but makes his philosophical activities original by super-quoting quotes. We believe that this kind of “anti-” spirit and motivation will be common to all the artists participating this time, and for convenience, we will organize a screening program into three programs.

Chibiguts
Chu Ya Chen
Sung Nam Han
Haruo Higuma
Takahiko Iimura
Shun Ikezoe
Megumi Kamimura
Masayuki Kawai
Elena Knox
Miki Kubota
Mie Kurihara
Isamu Muto
Akiko Nakayama
Hiroko Okada
Hiroyuki Ooki
Atsushi Sakurai
Shunichi Takagi
Lyota Takahashi
Kota Takeuchi
Natsuko Tezuka
UMMMI.
Masahiro Wada
Sanae Yamada
Atsushi Yamamoto
yasukichi
YellowYellow
Daisuke Yokoyama
Kiyos Yonesk

A Program “Antistory, Do Story” 11:30 Open / 11:40 Start
B Program “Antieverydaylife, Do Everyday Life” 14:55 Open / 15:00 Start
C Program “Antiaction, Do Action” and Artist Talk 18:15 Open / 18:20 Start

 

 

A Program “Antistory, Do Story” 11:30 Open / 11:40 Start

The Rose City
UMMMI. / digital / 13 min. / 2018 / Australia

Anywhere.
Lyota Takahashi / digital / 7 min. / 2018 / Japan

Yamato-takeru
Masayuki Kawai / digital / 61 min. / 2005 / Japan

Black Corridor, or Two Men and 21 Flannel Shirts
Masahiro Wada / digital / 18min. / 2018 / Japan

To see mother
Shunichi Takagi / digital / 73 min. / 2016 / Japan

The Delivery by Male Project
Hiroko Okada / digital / 17 min. / 2002 / Japan

 

 

B Program “Antieverydaylife, Do Everyday Life” 14:55 Open / 15:00 Start

Zhovti Vody station, in Ukraine
YellowYellow / digital / 3 min. / 2020 / Ukraine

M ・ I →2020
Hiroyuki Ooki / digital / 20 min. / 2020 / Japan

a game
Sung Nam Han / digital / 14 min. / 2005 / Japan

THE PAST AND THE FUTURE IN THE PRESENT
Atsushi Yamamoto / digital / 43 min. / 2016 / Japan

Hamadori Material
Kiyos Yonesk / digital / 13 min. / 2020 / Japan

Imitative archaism-2
Miki Kubota / super 8mm / 20 min. / 2020 / Japan

Small Poetry
Mie Kurihara / super 8mm / 5 min. / 2011 / Japan

Search for identity
Chu Ya Chen / digital / 13 min. / 2020 / Japan

The Lingering and the Stain
Elena Knox / digital / 12 min. / 2008 / Australia

Earth and self portrait
Isamu Muto / digital / 6 min. / 1997 / Japan

Green
Sanae Yamada / digital / 20 min. / 2020 / Japan

after stories
Daisuke Yokoyama / digital / 11 min. / 2020 / Japan

Unidentical Unreversible Repeated Replay
Atsushi Sakurai / digital / 16 min. / 2000 / Japan

 

 

C Program “Antiaction, Do Action” and Artist Talk 18:15 Open / 18:20 Start

12 eye differences
Haruo Higuma / digital / 11 min. / 2020 / Japan

Strange Green Powder
Megumi Kamimura / digital / 8 min. / 2019 / Japan

Blind Bombing, Filmed by a Bat
Kota Takeuchi / digital / 32 min. / 2019-2020 / Japan

Jujuba
Shun Ikezoe / Single 8mm / 8 min. / 2018 / Japan

kurakurage
Yasukichi / digital / 4 min. / 2020 / Japan

Dancing Guts
Chibiguts / digital / 42 min. / 2019 / Japan

Akiko Nakayama Alive Painting at MUTEK JP
Akiko Nakayama / digital / 14 min. / 2019 / Japan

Wander
Natsuko Tezuka / digital / 40 min. / 2019 / Germany

As I See You You See Me
Takahiko Iimura / digital / 7 min. / 1990 (1997) / USA

 

 

【Ticket】
Early bird ticket <1 program> ¥1,200 / Early bird ticket <all programs> ¥2,800 / 1 program ¥1,500

 

Booking:
info@i-a-f-t.net or http://i-a-f-t.net/contact/
078-366-2636

 

Venue: Motomachi Eigakan

 

Presented by Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) executive committee

Presented by Motomachi Eigakan

Supported by Kobe Culture Support Foundation

Supported by Citizens Fund Kobe

Supported by FY2020 Kobe City Grant for Cultural, Artistic and Creative Programs that Contribute to Community Revitalization

 

Inquiry
Motomachi Eigakan
tel: 078-366-2636

 

Interdisciplinary Art Project Kobe (IAPK) executive committee
more info: http://i-a-f-t.net
inquiry: http://i-a-f-t.net/contact/
Facebook Event Page: https://www.facebook.com/IAPKiapk/

 

Representative/General Director: Sung Nam HAN