「客」’손님’ ソ・ヒョンソク新作演劇


IAFT presents「客」’손님’

http://i-a-f-t.net/program/seo_new_play/

公演日程:2016/1/27[水]、1/28[木]、1/29[金]、1/30[土]、1/31[日]
12:00〜、12:30〜、13:00〜、13:30〜、14:00〜、14:30〜、15:00〜、15:30〜、16:00〜、16:30〜、17:00〜、17:30〜、18:00〜、18:30〜、19:00〜、19:30〜
各日16回上演 [1名様限定公演]

▶上記予定数が完売したため、追加演目をご用意いたしました。(2015/12/19)
追加日程:2016/1/27[水]、1/28[木]、1/29[金]、1/30[土]、1/31[日]
12:10〜、12:40〜、13:10〜、13:40〜、14:10〜、14:40〜、15:10〜、15:40〜、16:10〜、16:40〜、17:10〜、17:40〜、18:10〜、18:40〜、19:10〜、19:40〜

予約方法:http://kyaku.peatix.com/ 各回1名・完全予約制、上演時間は約20分となります。

※peatixのグループ内のご希望の日時のイベントよりご予約ください。後日、メールにて開催場所等の詳細をお送り致します。
※ご予約の時間帯に、お一人様ずつご出発いただきます。
※ご予約の出発時間を過ぎますと、ご参加いただけない場合がございます。
※一度ご購入いただきましたチケットはキャンセルを承っておりません。あしからずご了承ください。

お問い合わせ先:info@i-a-f-t.net
Venue:新宿区某所
Ticket:¥1500

作、演出:ソ・ヒョンソク
出演:藤倉めぐみ、遠山尚江、尾坂月乃 Cast:Megumi FUJIKURA, Hisae TOYAMA, Tsukino OSAKA
舞台監督:上田晃之 Stage Manager:Akiyuki UEDA
プロデューサー、翻訳:韓成南 Producer, Translation:Sung Nam HAN

ゴーグルにより視界を制限された観客1人に対し、役者1人が連れ添い、

街を舞台に記憶と現実が混在した風景を物語るという特異な方法でサイトスペシフィックな作品を発表してきたソ・ヒョンソク。
2013年横浜、2014年品川区・立会川を舞台にした公演は、全日完売。
新作ごとに観客に新たな演劇的体験をもたらしてきたソ・ヒョンソク待望の新作をこの度IAFT15/16にてお届けいたします。

今回の舞台となるのは、新宿某所にひっそりと佇むお屋敷。
観客1人ずつ、屋敷内を歩き回り、そこに潜む過去と現在に向き合いながら、あなたは「客」という異なる自分自身に出会うことでしょう。

サスぺンスフルな展開の中で、演劇、美術、映像などのジャンルを越境し、人間の本質に迫るソ・ヒョンソクの最新作。いままで惜しくも見逃した方や新作を待ち望んでいた方へ…。

このまたとない機会をどうぞお見逃しなく!

浮かび上がる人影。
新宿の喧騒から遠く置き去りにされた邸宅で
あなたの無意識が、密やかに絡みとられる。

森の中をさまよっているうちに突然出くわす。 ぽつんとした、一軒の家。
数多くの童話において、長く苦難に満ちた旅は一軒の家で停止する。
家は、旅の叙事に「帰結」の可能性を与える。「経路」にメタファーされる激情の人生は「地点」の磁力に席巻される。
「私」の最も奥深く、内面の深淵部分に、家一軒が存在する。

ガストン・バシュラールは言った。
家はただの住居ではない。家は精神の起源であり、原型である。
「思考」は家の構造に似ている。いや、家のように「構築」されるのだ。

「私」の思想。「私」の存在。
しかし、多くの童話における長旅の苦難は、家に入ることでより一層深まる。
ホラー映画の恐ろしい恐怖のほとんどが、家で起こることも偶然ではない。
家は安らぎの場への回帰だけを意味するのではないのだろう。
安心と不穏は同じ事を指すのだろうか。
家は、ドッペルゲンガー

アーティストトーク
日時 1/28[木] 20:00より
会場  渋谷・アツコバルー
謎多き作品「客」について、作家ソ・ヒョンソク自身が解説を行います。東京での滞在制作を通じて感じた、都市の発展とアートとの関係性、また、韓国・ソウルと東京という大都市における既存のカテゴリーを越えた新たなアートパフォーマンスのあり方などについて語ります。
ATSUKOBAROUH
住所:東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
tel:03-6427-8048
mail:ab@l-amusee.com
¥1000[1drink込み]

 

プリント

プリント

ソ・ヒョンソク新作演劇

ソ・ヒョンソク新作演劇2